×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

視能訓練士国家試験対策 訪問者数
TOPページへ 視能学キーワード リンク
第38回(午前)第38回(午後)第37回(午前)第37回(午後)第36回(午前)第36回(午後)
第35回第34回第33回第32回第31回
第30回第29回第28回第27回

視能訓練士国家試験 第36回 午前問題

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8
問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16
問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24
問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32
問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40
問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48
問49 問50
問51 問52 問53 問54 問55 問56 問57 問58
問59 問60 問61 問62 問63 問64 問65 問66
問67 問68 問69 問70 問71 問72 問73 問74
問75 問76 問77 問78 問79 問80 問81 問82
問83 問84 問85 問86 問87 問88 問89 問90
問91 問92 問93 問94 問95 問96 問97 問98
問99 問100
※解説のない問題は随時更新します

 

オススメの本
視能訓練士セルフアセスメント第3版
視能訓練士スペシャリストへの道
 第36回 午前 問38 

乱視で正しいのはどれか。


遠視性単性乱視の最小錯乱円は網膜面よりも後方にある。
近視性複性乱視の後焦腺は網膜面上にある。
雑性乱視の前焦線は網膜面上にある。
近視性直乱視の前焦線は水平方向に収束する。
遠視性倒乱視の後焦線は垂直方向に収束する。


■解説